薬学研究科の目的
 薬学研究科医療薬学専攻博士課程においては、医療に貢献できるより高度な知識・技能及び高い研究能力を有する薬剤師等を養成することを目的とする。
アドミッション・ポリシー
(入学者受け入れ方針)
 福山大学薬学研究科は、≪医療に貢献できるより高度な知識・技能及び高い研究能力を有する薬剤師等≫を養成することを目的としているため、次のように積極的に専門分野の研究に取り組む人材を求めている。
医療に関する諸問題を広く考究できる人
医療の進歩や学問の進展に寄与できる人
実社会において薬剤師など医療技術者として活動し、さらなる知識と実践力を意欲的に高め、研究能力を磨くことに努力できる人
カリキュラム・ポリシー
(教育課程の編成・実施の方針)
 医療に貢献できる高い研究能力を有する人材を育成するという本研究科の教育目標を実現するために、次のような方針でカリキュラムを編成し、実施している。(教育課程の編成・実施の方針)
コースワーク
1.
分子薬学、病態制御学及び社会環境薬学分野における専門知識を修得し、研究能力を育む。
リサーチワーク
2.
博士研究論文演習を修め,博士の学位を有するものとして相応しい総合力を修得し、博士論文作成能力を育む。
キャリアワーク
3.
高度医療薬学研修を修め、医療薬学の発展的かつ高度な知識や実務能力を培う。
ディプロマ・ポリシー
(修了要件・学位授与の方針)
 医療及びそれに関連する分野に貢献できる人材を養成するために、医療人としての倫理観を身に付け、自立して研究活動を行い医療の進歩や学問の進展に寄与できる豊かな学識を有していること。薬学研究科の教育理念や教育目標に沿った授業科目を履修し、基準となる単位数を取得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで学位を申請するための論文を作成し、審査及び最終試験に合格した者に修了を認定し,博士(薬学)の学位を授与する。

設置計画履 行状況報告書
平成24年度設置計画履行状況報告書 平成25年度設置計画履行状況報告書
平成24年度自己点検・評価
薬学系人材養成の在り方に関する検討会の提言
平成24年度薬学系大学院自己点検・評価65福山大学
大学院生の募集
New!
【推薦入試】
出願期間(期間内必着)
平成28年2月23日(火)~平成28年3月1日(火)
出願資格:平成28年3月に本学薬学部を卒業する者
募集要項(推薦)
志望理由書
出願書類
【一般入試】
出願期間(期間内必着)
[第一次] 平成27年9月25日(金)~平成27年10月3日(土)
[第二次] 平成28年2月23日(火)~平成28年3月1日(火)
募集要項(一般)
志望理由書
出願書類
本学薬学部卒業生が博士課程に進学する場合、入学金及び実習費は全学免除になります。
本学薬学部卒業生が博士課程に進学する場合、授業料減免措置があります。 詳しくは、福山大学薬学部事務室(☎ 084-936-2111 内線5112)にお問い合せ下さい。

大学院特論
■分子薬学コース群
■病態制御学コース群
■社会環境薬学コース群
分子代謝制御学特論 薬物送達学特論 活性天然薬物学特論
シグナル伝達特論 医薬品製剤安定性特論 補完代替医療特論
分子腫瘍機構特論 薬効解析科学特論 環境保健特論
細胞分子構造学特論 神経薬理学特論 毒性・中毒学特論
分子血液学特論 臨床免疫病態学特論 公衆衛生学特論
微生物と化学療法学特論 薬物動態学特論 予防薬学特論
薬物分子認識学特論 薬剤設計学特論 薬剤疫学特論
医薬分子化学特論 臨床薬剤学特論 生活習慣病特論
生理活性素材学特論 薬剤情報解析特論 セルフメディケーション特論
生体分子解析学特論 漢方薬理学特論 在宅医療特論
バーチャルスクリーニング解析学特論 放射線統合解析学特論 医療情報データベース特論
分子薬学論情報演習 病態制御学論情報演習 社会環境薬学論情報演習
シラバス
■各共通コース群
高度医療薬学研修Ⅰ 高度医療薬学研修Ⅱ
■博士研究論文演習
博士論文基礎演習Ⅰ 博士論文基礎演習Ⅱ 博士論文応用演習Ⅰ
博士論文応用演習Ⅱ 博士論文作成演習Ⅰ 博士論文作成演習Ⅱ
博士論文作成演習Ⅲ 博士論文作成演習Ⅳ

薬学部TOPへ