○は必修科目、△は選択必修科目、前は前期科目、後は後期科目、数字は単位数
※1年次、2年次では、下記の科目以外にも共通教育科目や教養教育科目を履修します。
科目名をクリックすると授業概要(シラバス)を見ることができます。Adobe Readerが必要です。
専門基礎科目
薬学入門Ⅰ(前2) 薬学の基礎としての数学・統計A(前1)
薬学の基礎としての物理(後1) 有機化学入門A(前1)
物質の基本概念A(前1) 薬学の基礎としての生物A(前1)
△薬学入門Ⅱ(後2)
専門家科目
物質の状態Ⅰ(後1) 化学平衡(後1)
有機化合物の骨格と性質(後1) 官能基の性質・反応・合成(後1)
漢方薬物Ⅰ(前1) 漢方薬物Ⅱ(後1)
人体の構造と機能Ⅰ(前1) 人体の構造と機能Ⅱ(後1)
生命体の基本単位としての細胞(後1)
実習Ⅰ(後1)
専門基礎科目
薬学英語Ⅰ(前1) 薬学英語Ⅱ(後1)
コミュニケーション(前2)
専門科目
物質の構造Ⅰ(前1) 化学物質の検出と定量(前1)
生体分子の立体構造(前1) 物質の構造Ⅱ(前1)
物質の状態Ⅱ(後1) 生体中の金属、分子を解析する(後1)
化学物質の分析、臨床応用(後1) 官能基と構造解析(前1)
薬になる動鉱植物(前1) ターゲット分子の合成(後1)
天然物化学(後1) 生命活動を担うタンパク質(前1)
生命情報を担う遺伝子(後1) 生体エネルギー(後1)
生理活性分子とシグナル分子(前1) 生体機能調節(前1)
細胞を構成する分子(後1) 小さな生き物たち(後1)
薬の作用と生体内運命(前1) 薬物作用の基礎(後1)
医薬品開発Ⅰ(後1) 実習Ⅱ(前3)
実習Ⅲ(後4)
専門基礎科目
△生命倫理(後2)
専門科目
薬局方収載の試験法(前1) 物質の変化(前1)
薬物の宝庫としての天然物(前1) 生体分子、医薬品を化学で理解(前1)
遺伝子を操作する(前1) 生体防御Ⅰ(前1)
生体防御Ⅱ(後1) 食品衛生(後1)
化学物質の生体への影響(後1) 生活環境と健康(前1)
血液・造血器系疾患と薬物治療(後1) 感染症にかかる(前1)
病原微生物とたたかう(後1) 薬物動態の解析Ⅰ(後1)
調剤(後1) 薬物の臓器への到達と消失(前1)
製剤材料の性質(前1) 剤形をつくる(後1)
循環器・腎疾患と薬物治療(後1) 代謝性・呼吸器疾患と薬物治療(後1)
神経・精神疾患と薬物治療(後1) 生殖器・内分泌疾患と薬物治療(前1)
消化器系疾患と薬物治療(前1) 医薬品開発Ⅱ(後1)
法制度(後1) 医薬品情報(前1)
実習Ⅳ(前4) 実習Ⅴ(後2)
総合薬学演習Ⅰ(後4) 課題研究
専門科目
疾病の予防(前1) 社会・集団と健康(前1)
薬物動態の解析Ⅱ(前1) DDS(前1)
悪性腫瘍と薬物治療(前1) 基礎病態解析学(前1)
骨・関節・アレルギー・免疫疾患と薬物治療(前1) 眼・耳鼻咽喉・皮膚疾患と薬物治療(前1)
臨床検査(前1) 患者情報(前1)
テーラーメイド薬物治療(前1) バイオ医薬品とゲノム情報(前1)
医療の担い手の心構え(前1) 医療コミュニケーション(後1)
医薬品管理(前1) 社会保障制度と薬剤経済(前1)
コミュニティーファーマシー(後1) 実習Ⅵ(前2)
総合薬学演習Ⅱ(前4) 事前学習(後4)
総合薬学演習Ⅲ(後7) 課題研究
専門科目
病院実務実習(10) 薬局実務実習(10)
実務実習後学習(1) 課題研究(8)
専門科目
ファーマシューティカル総合演習(前2) 物理系薬学特講(前1)
化学系薬学特講(前1) 生物系薬学特講(前1)
健康と環境特講(前1) 医薬品をつくる特講(前1)
薬学と社会特講(前1) 医療薬学演習(後2)
課題研究(20)

薬学部TOPへ