福山大学薬学部


研究内容

研究概要

 さまざまな病気の治療における「くすり」の比重は極めて大きい。その「くすり」の成分は95%以上が、有機化合物である。その有機化合物の中で、「医薬の源泉」といわれるように多くの医薬品の基本構造として治療への機能を発揮しているものに、含窒素複素環化合物があります。私達の研究領域は、この複素環化合物の合成、等である。このように生物活性を有する複素環化合物は、自然界(陸、海)の植物類や微生物類がつくり出すものが多く、今日でも次々と発見報告されている。
 当研究室は、この複素環状化合物を標的分子として設定し、有機合成化学をツールとして使い、これら化合物を効率良く合成する独創的な方法論を開発することを研究テーマとしています。これを基盤に標的とする化合物およびその周辺化合物の合成(ドラッグデザイン)を進めつつ、医薬品の素材(リード化合物)の探索を目指し、新しい基本構造をもつ医薬品の創製を目的として研究を行っています。

研究テーマ

  1. ・電子環状反応を活用する生理活性含窒素天然物・複素芳香環合成への展開と活性評価
  2. ・タンデム型環化反応による生理活性天然物・複素環合成とリード探索研究
  3. ・生理活性天然物・複素芳香環の新規合成から活性構造評価及び医薬素材探索研究

研究の進め方と指導方針

 学生は、各自がそれぞれのテーマとする新しい標的分子に対して、教員や先輩の指導のもと研究テーマである方法論を使い全合成研究を行うと共に、新規医薬品候補化合物の探索を課題研究の目標としている。そして、この実験・研究の成果を学会等で発表することを目指し、問題解決能力、プレゼンテーション能力を養成することを学生の最終目標とする。

これまでに合成した化合物