福山大学薬学部


  医薬品化学研究室

  〒729-0292
  広島県福山市学園町1番地三蔵
  TEL:084-936-2111
  FAX:084-936-2024

研究発表

 2010 2011


2017

    • 1
    1. 抗真菌活性β-カルボリンアルカロイド(S)-brevicollineの不斉全合成研究
    2. 小幡真名実、西山卓志、町支臣成
      日本薬学会第137年会、仙台、2017年3月25〜27日.
    1. 2
    1. 生理活性多置換カルバゾールアルカロイド類の不斉全合成研究
    2. 北村剛嗣、西山卓志、町支臣成
      日本薬学会第137年会、仙台、2017年3月25〜27日.
    3
    1. ピロロキノリンアルカロイドmarinoquinoline A-Eの全合成研究
    2. 谷中希三子、西山卓志、町支臣成
      日本薬学会第137年会、仙台、2017年3月25〜27日.
    4

    プロテインキナーゼC抑制活性を有するstaurosporinone類の効率的合成法の開発

    宮野茉奈、西山卓志、町支臣成
    日本薬学会第137年会、仙台、2017年3月25〜27日.

    5

    Carbazole-1,4-quinone アルカロイドの新規合成と抗腫瘍作用に関する研究 New!
    西山卓志、波多江典之、宮野茉奈、北村剛嗣、伊藤智貴、石倉稔、町支 臣成
    第59回 天然有機化合物討論会、札幌、2017年9月19〜21日

    6
    1. 2-アザ6π電子系熱電子環状反応を利用したmarinoquinoline類の全合成研究
      小峠里佳、谷中希三子、村上真璃、西山卓志、町支臣成
      第56回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、徳島、2017年10月21〜22日
    7
    1. タンデムRCM-脱水素反応を鍵反応とした多置換carbazole-1,4-quinone誘導体の合成と抗腫瘍活性の解析
      田口絵梨、西山卓志、波多江典之、伊藤智貴、石倉稔、町支臣成
      第56回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、徳島、2017年10月21〜22日
    8
    1. Carbazole-1,4-quinone 類の簡便合成法の開発と抗腫瘍活性の解析
      西山卓志、波多江典之、伊藤智貴、石倉稔、町支臣成
      第35回メディシナルケミストリーシンポジウム、名古屋、2017年10月25〜10月27日
    9
    1. Pyrroloquinolineアルカロイドmarinoquinolineの全合成研究
      町支臣成、谷中希三子、村上真璃、西山卓志
      第47回複素環化学討論会、高知、2017年10月26〜28日
    10
    1. Ellipticine quinoneおよび誘導体の簡便な合成法の開発と生物活性試験に関する研究
      西山卓志、波多江典之、伊藤智貴、石倉稔、町支臣成
      第43回反応と合成の進歩シンポジウム、富山、2017年11月6〜7日

2016

    • 1
    1. タンデムRCM−脱水素化反応を利用した多置換カルバゾール-1,4-キノン誘導体の合成及び生物活性評価
      高木紗和、西山卓志、波多江典之、日比野俐、町支臣成
      日本薬学会第136年会、横浜、2016年3月27〜29日.
    1. 2
    1. 新規プロトベルベリンアルカロイドalangiumkaloid AおよびBの全合成研究 
      西山卓志、廣中美晴、日比野俐、町支臣成
      日本薬学会第136年会、横浜、2016年3月27〜29日.
    3
    1. フェノール性カルバゾール類の抗酸化活性に関する研究 
      稗田雄三、波多江典之、安楽誠、松浦信康、上村和秀、日比野俐、町支臣成、冨田久夫、堀修、藤岡晴人
      日本薬学会第136年会、横浜、2016年3月27〜29日.
    4
    ジベンゾイルメタン誘導体による培養アストロサイトの機能変化 
    高野桂、杉田くみこ、日比野俐、町支臣成、村上里香、山田昌司、鈴木啓仁、堀修、森山光章、中村洋一
    日本薬学会第136年会、横浜、2016年3月27〜29日.
    5
    1. カルバゾール関連化合物による腎尿細管細胞酸化ストレス障害抑制効果の検討 
      上村和秀、杉田智也、稗田雄三、波多江典之、藤岡晴人、町支臣成、日比野俐
      日本薬学会第136年会、横浜、2016年3月27〜29日.
    6
    1. 新規プロトベルべリンアルカロイドalangiumkaloid AおよびBの全合成研究
    2. 西山卓志、廣中美晴、武富瑞希、町支臣成
      第46回複素環化学討論会、金沢、2016年9月26〜28日
    7
    1. 多置換カルバゾールアルカロイドclausamine類の全合成研究
    2. 北村剛嗣、西山卓志、町支臣成
      第55回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、岡山、2016年11月5〜6日
    8
    1. プロテインキナーゼC抑制活性を有するstaurosporinone類の効率的合成法の開発
    2. 宮野茉奈、西山卓志、町支臣成
      第55回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、岡山、2016年11月5〜6日
    9
    1. 抗真菌活性を有するβ-カルボリンアルカロイド(S)-brevicollineの不斉全合成研究
    2. 小幡真名実、西山卓志、町支臣成
      第55回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、岡山、2016年11月5〜6日
    10
    1. Pyrroloquinolineアルカロイドmarinoquinoline A-Eの全合成研究
    2. 谷中希三子、西山卓志、町支臣成
      第55回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、岡山、2016年11月5〜6日
    11
    1. タンデムRCM-脱水素反応を利用した多置換carbazole-1,4-quinone誘導体の合成と生物活性に関する研究
    2. 西山卓志、波多江典之、町支臣成
      第42回反応と合成の進歩シンポジウム、静岡、2016年11月7〜8日
       

2015

    • 1
    1. 2-ピリドン構築による縮合複素芳香環類合成とβ-カルボリンアルカロイドEudistomin Xの全合成研究
      小田翔太、町支臣成、小田愛実、西山卓志、今村さやか、波多江典之、日比野俐
      日本薬学会第135年会、神戸、2015年3月26〜28日.
    1. 2
    1. Azafluorenone骨格を有するonychineの新規合成法の開発

      藤脇考哉、西山卓志、町支臣成、日比野俐
      日本薬学会第135年会、神戸、2015年3月26〜28日
    3
    1. プロトベルベリンdibenzo[a,g]quinolizine骨格構築法の開発とalangiumkaloid A全合成への応用
    2. 廣中美晴、町支臣成、日比野俐
      日本薬学会第135年会、神戸、2015年3月26〜28日.
    4
    1. 細胞増殖抑制作用を有する2,3,6-三置換インドール誘導体合成とその活性評価
      新地裕樹、松井綾香、西山卓志、町支臣成、波多江典之、日比野俐
      日本薬学会第135年会、神戸、2015年3月26〜28日.

    5
    1. RCM反応を用いたEllipticine誘導体の合成研究
      西山卓志、町支臣成、波多江典之、日比野俐
      日本薬学会第135年会、神戸、2015年3月26〜28日 .

    6
    1. フェノール性カルバゾール類の抗酸化活性と構造相関について

      稗田雄三、安楽誠、町支臣成、波多江典之、冨田久夫、藤岡晴人、堀修、日比野俐
      日本薬学会第135年会、神戸、2015年3月26〜28日.
    7
    1. インドロ[2,3-c]キノリンKya-46によるアディポネクチン発現促進作用

      原田紗理衣、元島敦子、松浦信康、町支臣成、日比野俐、及川勉
      日本薬学会第135年会、神戸、2015年3月26〜28日.
    8
    1. ジベンゾイルメタン誘導体による神経細胞死抑制

      高野桂、日比野俐、町支臣成、村上里香、山田昌司、鈴木啓仁、堀修、森山光章、中村洋一
      日本薬学会第135年会、神戸、2015年3月26〜28日.
    9
    1. プロトベルベリンdibenzo[a,g]quinolizine骨格構築法の開発とalangiumkaloid A全合成への応  
    2. 廣中美晴、西山卓志、町支臣成
      第41回反応と合成の進歩シンポジウム、大阪、2015年10月26〜27日.
    10
    1. タンデムRCM反応を用いた簡便なEllipticine quinone合成法の開発  
    2. 西山卓志、高木紗和、日比野俐、町支臣成
      第54回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、高知、2015年10月31〜11月1日.
    11
    1. β-カルボリンアルカロイドEudistomin Xの全合成研究 
    2. 小田翔太、町支臣成、小田愛実、西山卓志、波多江典之、日比野俐
      第54回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、高知、2015年10月31〜11月1日.
    12
    1. 2,3,6-三置換インドール誘導体合成とその細胞増殖抑制活性評価  
    2. 新地裕樹、松井綾香、西山卓志、波多江典之、日比野俐、町支臣成
      第54回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、高知、2015年10月31〜11月1日.
    13
    1. プロトベルベリンアルカロイドalangiumkaloid Aの全合成研究
    2. 廣中美晴、西山卓志、日比野俐、町支臣成
      第54回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、高知、2015年10月31〜11月1日.
    14
    1. Azafluorenone骨格を有するonychineの新規合成法の開発とその応用  
    2. 藤脇考哉、西山卓志、日比野俐、町支臣成
      第54回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、高知、2015年10月31〜11月1日 .
    15
    1. A novel one-pot synthesis of carbazole-1,4-quinones through Pd-catalyzed cyclocarbonylation, desilylation and oxidation processes from 3-iodo-2-propenylindoles
      T. Nishiyama, M. Fujii, N. Satsuki, T. Fujiwaki, T. Abe, M. Ishikura, S. Hibino, T. Choshi
      13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto (2015,Norbemver, 9-13)

    16
    1. Azafluorenone骨格を有するonychineの全合成とIndeno[1,2-c]isoquinoline類への応用 
    2. 藤脇考哉、西山卓志、日比野俐、町支臣成
      第45回複素環化学討論会、東京、2015年11月19〜21日

2014

    • 1

      多置換カルバゾールアルカロイド類の全合成と抗酸化活性に関する研究

    1. 稗田雄三、安楽誠、町支臣成、波多江典之、冨田久夫、藤岡晴人、堀修、廣瀬順造、日比野俐
      第32回メディシナルケミストリーシンポジウム、神戸、2014年11月〜日、p. 122.
    1. 2
    1. CO挿入サイクロカルボニレーションによるカルバゾール-1, 4-キノンのワンポット合成法を利用した天然物類の合成研究    

    2. 皐月七瀬、西山卓志、町支臣成、藤井真実、藤脇孝哉、日比野俐
      第40回反応と合成の進歩シンポジウム、仙台、2014年10月10〜11日、p. 58.
    3

      タンデムRCM-脱水素反応を利用したCalothrixin類の全合成研究  

    1. 西山卓志、町支臣成、皐月七瀬、藤脇孝哉、新地裕樹、高木紗和、日比野俐
      第53回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、広島、2014年10月8〜9日、p.132 .
    4

      プロトベルベリンアルカロイドAlangiumalkaloid Aの合成研究  

    1. 廣中美晴、町支臣成、西山卓志、日比野俐
      第53回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、広島、2014年10月8〜9日、p. 133..
    5

      CO挿入シクロカルボニレーションによるカルバゾール-1, 4-キノンのワンポット合成法を利用した天然物類の合成研究  

    1. 皐月七瀬、西山卓志、町支臣成、藤井真実、藤脇孝哉、日比野俐
      第53回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、広島、2014年10月8〜9日、p. 133.
    6

      多置換カルバゾールアルカロイド類の全合成と抗酸化活性に関する研究  

    1. 稗田雄三、安楽誠、町支臣成、波多江典之、冨田久夫、藤岡晴人、堀修、廣瀬順造、日比野俐
      第53回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、広島、2014年10月8〜9日、p.132 .
    7

      Cyclocarbonylation反応を用いたワンポットカルバゾール-1, 4-キノン骨格合成法の開発とその応用 

    1. 西山卓志、町支臣成、藤井真実、皐月七瀬、新地裕樹、高木紗和、日比野俐
      第44回複素環化学討論会、札幌、2014年9月10〜12日、p.149.
    8
    1. A novel one-pot synthesis of carbazole-1,4-quinones through Pd-catalyzedcyclocarbonylation, desilylation and oxidation processes from 3-iodo-2-propenylindoles
      T. Choshi, T. Nishiyama, M. Fujii, N. Satsuki, T. Fujiwaki, T. Abe, M. Ishikura, and S. Hibino
      14th Belgian Organic Synthesis (2014-BOSS XIV)

    9
    1. The first total synthesis of the antiplasmodial (±)-casssiarin C based on a microwave-assisted thermal azaelectrocyclic reaction
    2. S. Hibino, Y. Tazaki, Y. Tsuchiya, H. Nemoto, T. Nishiyama, N. Hatae, and T. Choshi
      14th Belgian Organic Synthesis (2014-BOSS XIV)

    10
    1. RCM反応を利用した多置換カルバゾール-1,4-キノン類の合成及び生物活性評価
      西山卓志、町支臣成、藤井真実、皐月七瀬、藤脇孝哉、波多江典之、日比野俐
      日本薬学会第134年会、熊本、2014年3月27〜30日 講演要旨集2、p.231..
    11
    1. 抗HIV活性を有するTrigonoine Bの全合成研究
      石井大士、西山卓志、町支臣成、日比野俐
      日本薬学会第134年会、熊本、2014年3月27〜30日 講演要旨集2、p.197
    12
    1. 抗マラリア活性を有する三環性ピラノイソキノリンアルカロイドCassiarin Cの不斉全合成研究
      町支臣成、田崎良成、土屋雄太、西山卓志、波多江典之、根本英雄、日比野俐
      日本薬学会第134年会、熊本、2014年3月27〜30日 講演要旨集2、p.197
    13
    1. 多置換カルバゾールアルカロイドとその類縁体の抗酸化活性につ いて
      稗田雄三、安楽 誠、町支臣成、廣瀬順造、冨田久夫、藤岡晴人、日比野俐
      日本薬学会第134年会、熊本、2014年3月27〜30日 講演要旨集2、p.227
    14
    1. Calothrixin B誘導体によるHL-60細胞への抗腫瘍活性の発現
      波多江典之、西山卓志、町支臣成、日比野俐、阿部匠、岡田知晃、石倉稔、豊田栄子
      日本薬学会第134年会、熊本、2014年3月27〜30日 講演要旨集2、p.227
    15
    1. ジ置換ピラゾール系化合物・14-39によるアディポネクチン発現促進作用
      井上菜帆子、元島敦子、松浦信康、町支臣成、日比野俐、及川 勉
      日本薬学会第134年会、熊本、2014年3月27〜30日 講演要旨集2、p.231

     

2013

    • 1
    1. 一酸化炭素挿入反応を利用したカルバゾール-1,4-キノン構造の合成とその反応メカニズムについて
      藤井真実、西山卓志、町支臣成、皐月七瀬、藤脇孝哉、日比野俐
      第52回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松山、2013年10月26〜27日、p. 191.
    1. 2
    1. 2,3,6-三置換インドール類の合成とがん細胞増殖抑制の評価について
      松井綾香、西山卓志、町支臣成、波多江典之、日比野俐
      第52回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松山、2013年10月26〜27日、p. 191.
    3
    1. タンデムRCM-脱水素反応を利用した無保護カルバゾール-1,4-キノンアルカロイドの全合成研究
      西山卓志、町支臣成、藤井真実、皐月七瀬、藤脇孝哉、波多江典之、日比野俐
      第52回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松山、2013年10月26〜27日、p. 192.
    4
    1. タンデムCrutius転移・アザ電子環状反応によるKalasinamide,Geovanineの合成研究
      内田圭祐、力石響子、町支臣成、西山卓志、波多江典之、日比野俐
      第52回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松山、2013年10月26〜27日、p. 192.
    5
    1. 抗マラリア活性を有するCassiarinCの不斉全合成研究
      田崎良成、土屋雄太、町支臣成、西山卓志、波多江典之、日比野俐
      第52回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松山、2013年10月26〜27日、p. 193
    6
    1. 抗酸化活性を有する(S)-(+)-Carbazomadurin Bの全合成
      稗田雄三、町支臣成、藤岡晴人、日比野俐
      第52回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松山、2013年10月26〜27日、p. 193.
    7

      抗マラリア活性を有するCassiarinCの不斉全合成研究
      田崎良成、土屋雄太、町支臣成、西山卓志、波多江典之、日比野俐
      第43回複素環化学討論会、岐阜、2013年10月17〜19日、p.83.

    8
    1. タンデムRCM-脱水素反応を利用した無保護カルバゾール-1,4-キノンアルカロイドの全合成研究
      西山卓志、町支臣成、藤井真実、皐月七瀬、藤脇孝哉、波多江典之、日比野俐
      第43回複素環化学討論会、岐阜、2013年10月17〜19日、p.85.
    9
    1. Enantioselective Total Syntheis of β-Carboline Alkaloids, (-)-Dichotomine A and (+)-Dichotomide II
      T. Choshi, S. Tagawa, A. Okamoto, T. Nishiyama, S. Watanabe, N. Hatae, M. Ishikura, S. Hibino
      44th IUPAC World Chemistry Congress, Istanbul, Turkey (2013, August 11〜16),
    2. Abstract No.420, P-1285.
    10
    1. First Total Syntheses of β-Carbloine Alkaloids, Dichotomide I and Marinacarbolines A-D
      S. Hibino, S. Tagawa, A. Okamoto, T. Nishiyama, S. Watanabe, N. Hatae, T. Choshi
      44th IUPAC World Chemistry Congress, Istanbul, Turkey (2013, August 11〜16),
    2. Abstract No.417, P-1290.
    11
    1. タンデムCrutius転位・アザ電子環状反応によるKalasinamide, Geovanineの合成研究
      内田圭祐、力石響子、町支臣成、西山卓志、波多江典之、日比野俐
      日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月28〜30日 講演要旨集2、p. 248.
    12
    1. 抗マラリア活性を有するCassiarin Cの不斉全合成研究
      田崎良成、土屋雄太、町支臣成、西山卓志、波多江典之、日比野俐
      日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月28〜30日 講演要旨集2、p. 249.
    13
    1. 一酸化炭素挿入反応を利用したカルバゾール-1,4-キノン構造の合成とその反応メカニズムについて
      藤井真実、西山卓志、町支臣成、日比野俐
      日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月28〜30日 講演要旨集2、p. 248.
    14
    1. 2,3,6-三置換インドール類の合成とガン細胞増殖抑制作用について
      松井綾香、西山卓志、町支臣成、波多江典之、日比野俐
      日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月28〜30日 講演要旨集2、p. 198.
    15
    1. 多置換カルバゾールアルカロイド(−)-Furanoclausamine AおよびBの合成研究
      吉田玲、西山卓志、町支臣成、日比野俐
      日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月28〜30日 講演要旨集2、p. 248.
    16
    抗腫瘍活性を有するフェナンスリジンアルカロイドAsiaticumine Aの不斉全合成研究
    吉永里香子、谷聡美、町支臣成、西山卓志、波多江典之、日比野俐
    日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月28〜30日 講演要旨集2、p. 249.
    17
    Benzo[c]phenanthrudineアルカロイド類、trihanine及びisoterihanineの合成研究
    西山卓志、倉田侑輝、石原裕介、町支臣成、波多江典之、日比野俐
    日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月28〜30日 講演要旨集2、p. 199.
    18
    1. ベンゾフェナンスリジン型アルイカロイド群における抗腫瘍活性の網羅的解析
      波多江典之、倉田侑輝、石原裕介、西山卓志、久次米永子、岡田友晃、岩村樹憲、町支臣成、日比野俐、豊田栄子
      日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月28〜30日 講演要旨集2、p. 199.

2012

    • 1
    1. ベンゾフェナンスリジンアルイカロイド類の合成とその抗腫瘍活性評価
      倉田侑輝、西山卓志、石原裕介、町支臣成、波多江典之、日比野俐
      第30回メディシナルケミストリーシンポジウム、東京、2012年11月28〜30日、
    2. 講演要旨、p.78
    1. 2
    1. Benzo[c]phenanthrudine alkaloid類のtrihanine及びisoterihanineの合成とその抗腫瘍活性評価
      倉田侑輝、西山卓志、石原裕介、町支臣成、波多江典之、日比野俐
      第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松江、2012年11月10〜11日、講演要旨、p.157
    3
    1. 抗アレルギー作用を有するβ-カルボリンアルカロイドDichotomine AとDichotomide IIの不斉全合成
      田川慎二、西山卓志、岡本明日佳、町支臣成、渡辺司郎、日比野俐
      第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松江、2012年11月10〜11日、講演要旨、p.158
    4
    1. タンデム酸化-電子環状反応を用いた2-アザアントラキノンアルカロイドScorpinone の全合成
      後藤美紀、西山卓志、町支臣成、清水香、波多江典之、日比野俐
      第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松江、2012年11月10〜11日、講演要旨、p.158
    5
    1. 抗腫瘍活性を有するフェナンスリジンアルカロイドAsiaticumine Aの不斉全合成研究
      谷聡美、西山卓志、町支臣成、日比野俐
      第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、松江、2012年11月10〜11日、講演要旨、p.159
    6
    1. タンデム酸化-電子環状反応を用いた2-アザアントラキノンアルカロイドScorpinone の全合成研究
      後藤美紀、西山卓志、町支臣成、清水香、日比野俐
      第38回反応と合成の進歩シンポジウム、東京、2012年11月5〜6日.
    7
    1,3-ジ置換β-カルボリンアルカロイドDichotomine類の立体選択的全合成研究
    田川慎二、岡本明日佳、町支臣成、日比野俐
    第42回複素環化学討論会、京都、2012年10月11〜13日.
    8
    1. タンデムRCM-酸化反応を経由するカルバゾール-1,4-キノンアルカロイドMurrayaquinone-Aの全合成研究
      西山卓志、町支臣成、藤井真実、松井綾香、吉田玲、日比野俐
      日本薬学会第132年会、札幌、2012年3月29〜31日.
    9
    タンデム酸化-電子環状反応を用いた2-アザアントラキノンアルカロイドScorpinoneの合成研究
    後藤美紀、清水香、町支臣成、日比野俐
    日本薬学会第132年会、札幌、2012年3月29〜31日.
    10
    1,3-ジ置換β-カルボリンアルカロイドDichotomine類の立体選択的全合成研究
    田川慎二、岡本明日佳、町支臣成、日比野俐
    日本薬学会第132年会、札幌、2012年3月29〜31日.
    11
    1. Benzo[c]phenanthrudineアルカロイド類、trihanine及びisoterihanineの合成研究
      倉田侑輝、町支臣成、日比野俐
      日本薬学会第132年会、札幌、2012年3月29〜31日.