学術研究における倫理審査について

2010.08.20

 学術研究は、日本のみならず、全世界で日々急速な発展を遂げています。本学の5学部14学科に所属する教員は、所属の学生諸君とともに日夜研究課題に通り組んでいます。本学の学術研究推進において、倫理面、安全面等での審査を必要とする研究分野は、「遺伝子組換え生物に関する研究」、「動物を実験に利用する研究」、「微生物を実験に利用する研究」、「ヒトを対象とした調査等の研究で相手の同意を必要とする研究」の4分野です。本学術研究倫理審査委員会は、この4分野の研究が倫理的、科学的妥当性および安全性を確保し、動物にあってはその愛護精神に則り、ヒトにあっては個人の尊厳や基本的人権への配慮を図りつつ、適正な研究が推進されることを目的として発足した審査委員会です(平成22年4月1日施行)。本学の学術研究倫理審査委員会規程および4分野の規則は、文部科学省、厚生労働省、農林水産省や日本学術会議、学会等から発信された学術研究に関する指針に基づいています。


福山大学学術研究倫理審査委員会
福山大学組換えDNA倫理部会
福山大学実験動物倫理部会
福山大学微生物倫理部会
福山大学ヒト倫理部会