皆でつくろう、魅力ある明日を!
福山大学男女共同参画宣言

2009.11.04

平成11年に制定された「男女共同参画社会基本法」は、「男女が互いにその人権を尊重しつつ責任を分かち合い、性別に関係なく、その個性と能力を十分に発揮できる男女共同参画社会の実現」を「21世紀の我が国社会を決定する最重要課題」と位置づけました。
福山大学は昭和50年の創設以来、「学問にのみ偏重するのではなく、真理を愛し、道理を実践する知行合一の教育によって、人間性を尊重した調和的な全人格陶冶を目指す全人教育」を行ってきました。
その精神を、男女共同参画の立場からさらに推進し徹底するために、本学は、性に関係なく、学生にとって健康で健全な学びに適した魅力的な学舎であるとともに、教職員にとっても健康で健全な仕事(教育・研究・大学運営)に適した魅力的な場であることを目指します。
以上の観点から、福山大学は、次のように男女共同参画を積極的に推進することを宣言します。

  1. 男女共同参画意識の向上
  2. 男女共同参画促進に向けての学内環境整備
  3. 学内の男女平等に関する問題の解決
  4. 男女共同参画を推進するキャリア形成の支援
  5. ワークライフバランスの推進
  6. 地域連携による男女共同参画の推進
平成21年11月4日
福山大学


閉じる