学科紹介
コース制について
FAQ よくあるご質問
カリキュラム
研究室紹介
学科ニュース
スタッフ紹介
学科へのアクセス
大学院
マリンバイオセンター
入試情報



更新日:2007.11.8

海洋生物科学科とは





生命を育む豊かで美しい海は地球の財産であり、わたしたち人類が生存していくためには、海の恵みを利用していくことが欠かせません。

しかし、人類が生活活動によって海の環境を次第に変化させてきた結果、有用な海洋生物がその棲息場所を失ってしまったり、食糧として利用している海洋生物の体内に有害な物質が蓄積したりといった悪い影響が現れています。これらのことは、海に棲む生物のみならず、海の生物資源の恩恵を受けてきた人類にとっても重大な問題です。このような状況のもとで、わたしたちはどのように対処すればよいのでしょうか?

この問題を解決するためには、海洋の生物と環境についてさらに深く学び、そして得られた知識を活用して、海の環境を損なうことなく海洋の生物資源を有効かつ持続的に利用する手立てを見つけねばなりません。この手立て、すなわち「海と人間の共生の道」を探ることが、わたしたちに科された重要なテーマであると思います。

海洋生物科学科ではこのテーマの解決をめざし、海の生物を「育てる」、「探る」、「守る」という3つの視点からとらえ、教育・研究に取り組んできました。平成20年度から学科名称変更と同時に適用する新しいカリキュラムでは、教育・研究の目的をより具体的に設定した3つのコースを3年次から導入し、高いモチベーションをもって学習に取り組んでもらえるように工夫しています。

わたしたち海洋生物科学科のスタッフは、「海が好き」、「海の生き物って不思議」といった、純粋な情熱をもって「海の世界」を研究しています。みなさんも、わたしたちと一緒に学び、研究してみませんか。