福山大学 国際センター 留学生部
(International Center of Fukuyama University)

掲載日2017年6月20日

第2回 福山大学留学生による多国籍料理教室―爽やかベトナム料理―を開催しました!

去る6月17日(土)に福山大学留学生による多国籍料理教室の第2回目―爽やかベトナム料理―が松永コミュニティセンターで開催されました。

会場全体に芳ばしい香りがたちこめたところで料理が完成。
出来上がった料理を頬張る参加者

今回の料理を教えてくれたのは、LE MANH LINH君(経済学部国際経済学科2年)とNGU YENNGOC THUYさん(同学部学科1年)でした。LINH君は流ちょうな日本語で現在のベトナム及びベトナム料理を紹介した後、THUYさんは鮮やか包丁さばきで作り方を披露し、参加者を唸らせました。

パクチーやレモングラスなどの珍しい食材、THUYさんの鮮やかな包丁さばきにみんなは興味津々

現在、福山大学には計10名のベトナム人留学生が在籍しています。当日はほぼ総出で料理教室に駆けつけてくれました。彼らは各グループ内で本場の味付けを教えながら、市民の方や本学の日本人学生と親交を深めました。

またLINH君のクラスメートをはじめ、経済学部国際経済学科トップ10プロジェクトのメンバ-で、夏休みのベトナム研修を控えた学生も多数来場し、いち早くベトナムムードに浸りました。

国際経済学科の足立先生、ビセット先生及び国際センターの岩本先生、李先生も応援に来て、料理教室は終始和気藹々としていて楽しかったです。

「とても美味しかったですよ。もう一本はいかがですか?」

次回の福山大学留学生による料理教室はバングラディシュのカレー料理を紹介する予定です。引き続きどうぞ宜しく御願いします。

>> 留学生部のトップページへ

福山大学 国際センター   > 留学生部   > 国際交流部   > 北京教育研究センター部