2017年度現在、福山大学グリーンサイエンス研究センターでは以下の2つの研究プロジェクトが進行しています。1つは生命工学部の佐藤准教授、渡辺准教授を中心とした”福山大学ブランディング研究”『瀬戸内の里山・里海における生態系機能』に関するもので、もう一つは薬学部の上敷領准教授を中心とした”福山大学特別研究”『脂質代謝と生活習慣病』に関するものです(平成27〜29年度の3年間)。

さらに平成30年度からは2つめの”福山大学特別研究”として、薬学部の今教授を中心とした『次世代自己免疫疾患の治療』に関する研究プロジェクトがスタートします。


 ◆福山大学ブランディング研究
瀬戸内の里山・里海における生態系機能の解明に向けた研究拠点の形成』 

メンバー
佐藤 淳 准教授(代表者)、渡辺 伸一、阪本 憲司、山岸 幸正、
広岡 和丈、北口 博隆(以上、生命工学部)、田淵 紀彦(薬学部)

研究概要はこちら(ポスター概要説明文
瀬戸内の里山・里海・生態系PJのHPはこちら


学長室ブログ


里山・里海生態系プロジェクト web site
 


◆福山大学特別研究 (H27〜29年度)◆
生活習慣病の新たな治療方法の開発を目指した脂質輸送と
細胞機能の関連性の解明
』 

メンバー
上敷領 淳 准教授(代表者)、大西 正俊、坂根 洋、松岡 浩史(以上薬学部)

研究概要はこちら(ポスター) 


学長室ブログ




◆福山大学特別研究 (H30年度〜)◆
新規アプローチを介したインテグリン阻害剤の開発
〜副作用軽減を期待できる次世代自己免疫疾患治療への創薬基盤〜
』 

メンバー
今 重之 教授(代表者)、道原 明宏、渡邊 正和、山 健人、西山 卓志、
本田 真知子(以上薬学部)、柴田 紗知(生命工学部)

研究概要はこちら(ポスター